スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
クライマックスシリーズ?????
昨日から、
巨人と中日のクライマックスシリーズとかっていうのやってるんだけど、

なんなの~~~?   って感じじゃない?

ペナントレースで優勝したのは、
巨人と西武じゃん。それで日本シリーズやればいいじゃん。

大リーグはさぁ。
ワイルドカードってのはあるけど、
東地区・中地区・西地区って分かれてるから
わかるよね。

お客さんほしさにやってるんだろうけど、
まったく意味ないじゃん。
何のためのペナントレースなんだろうね?


日本シリーズってさぁ、
セントラルリーグとパシフィックリーグの1番同士が
日本一をかけて戦うものじゃないの?


今のシステムじゃあ見る気もしないよ。

これでもし今回さ、    (パ・リーグは西武が勝ったからいいけど・・・)
日本シリーズがオリックスVS中日になってたら
どうするの?


日本シリーズの意味がわからない。どっちらけだよね。
盛り上がるのはオリックスと中日のファンだけ!

今期シーズン後半の巨人と阪神の競り合いなんて
最高に盛り上がるのに、

クライマックスシリーズなんていう、くだらないのがあるから、
いまひとつになっちゃったよね。


阪神疲れちゃって、
やっと3位になった中日に負けちゃってるし。

昔の10.8の巨人Vs中日なんて、
最高のドラマだったじゃん。

129試合やってきて、
最後の130試合目に勝ったほうが優勝、
それで、日本一を目指す!

このときにも、クライマックスシリーズなんてのがあったら、
あんなには盛り上がらなかったよ。

トーナメントやるなら、
サッカーみたいに、天皇杯とか
別の冠つければいいじゃん。

でも、普通にやったんじゃ盛り上がらないだろうからさ・・・

例えばさあ、
セ・パ12人の監督がさ、
順番に1人ずつ選手を選んでいくの、
だけど、自分のチームの選手は選んじゃいけないの。

ピッチャーだろうが、野手だろうが関係なしにね。

その選択会議をテレビ中継してさ、
選手たちもドラフト会議みたいな感じで
どこのチームに行くんだろう?  とか、
チームメイトはだれだ?  とかさ・・・

子供の頃によくやったチーム決めみたいな・・・。

   原監督は1人目に「ダルビッシュ」
   渡辺監督は1人目に「阿部」   
   高田監督は「藤川」   とかさぁ。


それで優勝したチームにだけ賞金を出す。
各チームにスポンサーつけてさ、
それも、プロ野球チームを持っていない企業。  個人でもいいの。

1チーム、2つ位スポンサーつけて
それがチームの名前になっちゃう。

一瞬のオーナー気分も味わえる。
オーナーはベンチに入れるようにしてあげる。


スポンサー料1000万とかだったら、
個人でも出すんじゃない?
例えば、矢沢英吉・北島三郎チームとかさ。
SMAP・TOKIOチームとか。
トヨタ・日産チームとかね。


第一回戦
 SMAP・TOKIO  VS  矢沢英吉・北島三郎


       1回の表
       SMAP・TOKIOの攻撃です。
       「1番 センター赤星!」

       「矢沢英吉・北島三郎の先発はダルビッシュです。」
       「受けるキャッチャーは阿部。」

       「ベンチには、矢沢英吉・北島三郎の両オーナーが
         仲良く並んで座っております。」

       「赤星打ったぁ~!」
       「ショート西岡ファインプレー。取って、ファーストのイ・スンヨプに。」
       「1アウトです。」

       「矢沢オーナー膝を叩いて悔しがっています。ロックンロールです!」
       「北島オーナー立ち上がって声援をおくっております。」
       「声援にもコブシは必要なのかぁ?」


プレーを真剣にやってくれたら
結構面白いんじゃない?



その位のファンザービスしてもいいんじゃないかなぁ?
ありえないよね(笑)
スポンサーサイト
【2008/10/23 14:51 】
| みんなに聞こえるひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<クロコダイルのDVD | ホーム | ちょっと変ってた小学生と、人生最初の挫折。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://katto312blog.blog50.fc2.com/tb.php/72-ff507c95
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。